見出し

スクフェスアーケード 非ラブライバー的に感想を書いてみる

毎日長蛇の列で艦これアーケードの時を思い出す感じです。

まだそんなにプレイできてないんですが思った事など書いてみたいなと。
ラブライバー目線というよりは音ゲーマー目線の記事になります。
というかラブライブについて全然わかってないので「ここちげーよ」等ありましたらお気軽にコメントなり残していってください。

現状画像があんまりないんですが、今後空いてきてゆっくりとプレイできるようになったらじっくり写真を取ってきてアップロードします。

基本スペック

データ保存はTaitoのNESiCAカードを使用。
1枚300円(店舗によってもう少し高かったりする場合あり)

筐体はSquareEnix製、専用筐体?パズドラ筐体の流用という噂も。

サテライト筐体

プレイする方の筐体です。
操作は9ボタン+2ボタン
2ボタンは **決定とキャンセル**に使う。

1プレイ 100円(基本設定)。
1人プレイだと 2曲
多人数でプレイすると 3曲
キャンペーン等でもらえるフリーチケットを使用すると 1曲
大体プレイ時間は7分ほど、3曲なら10分ほど

センター筐体

カードの排出やカスタマイズはこっちでやる。

サテライト3台に対して1台あるっぽい?
**プロフィールカード__と__キャラクターカード**を排出できる。
1クレジット内ではどちらかしか排出できない。

音ゲー部分について

仕組みはほとんどスマホ版と同じ、ただし比べるとかなり大きいことと、ボタンとタッチスクリーンの違いがあるのでかなりプレイ感は異なります。
判定は広め、体感ではチュウニズムのJCと同じぐらいか、スマホよりもゆるい気がしますね。
難易度_EXTREME_まで_は同時押しでも__2つまで__なので、センターで両手分業すれば良いんですが、__CHALLENGE_になってくるととにかく左右振りが酷いのでそういう訳にも行かないですね。

ボタンとボタンの感覚が広い! 片手でロングを取りながらタップとかも出てくるのでボタンの広さがなかなか厳しいです。私も手が小さい方なので_(ボルテで例えるとAとDがギリギリ)_逆の方向に抑えてしまうと取れないです。

正直タッチパネルで良かったんじゃないかなぁ……

ボタンはpop’nより2回り小さいぐらい。結構軽めでした。
液晶の上にアクリル板があるんですが、その上に直付けなんですよね。配線も見えてるしなんか不安になります。
Twitterでもチラホラと強打→無反応の報告が上がっているので断続的にプレイされている現状、メンテも満足にされないでしょうね・・・

/1815/images/2020-09-03-01-39-02.png

強打に弱そうな構造のくせに「左4右4同時押し」なんて譜面が出てくるので強打されても仕方ないかなぁ…なんて思ったり。
スクエニじゃなくてセガとかが作ったほうが良かったんじゃ…

楽曲について

私は正直ラブライブがよくわからないんですがそんな私でも知っている曲があるのでいい部分を抑えているんじゃないかなと。
どの曲が収録されているかは、詳しく書いてあるサイトさんがあるはずなのでここでは触れません。

今の所19クレジットプレイでプレイ数が条件の曲は全解禁のようです。
他にもメンバーが加入している事が条件の曲もあるようですがそれは後述のガチャで。

ガチャ

みんな大好きガチャのお時間。
ヒドいのかな・・・と思いきや結構良心的です。

センター筐体でガチャを選ぶと、はじめに9枚のカードが表示されます。
それが裏返りシャッフルされるので選びましょう! 選んだ物を獲得できます!って形式です。わんだーらーんかな?
100円で1枚追加購入ができるみたいです。

サテライト筐体で音ゲーを1クレプレイするとガチャにボーナスが付きます。例えば…
「スキルカードが透視できる」
「lily whiteのメンバーが透視できる」
なんて効果でカードが裏返っている状態で場所がわかるので欲しいカードが引き放題です。

この2つがあるので、たとえばHR穂乃果ちゃんを狙っているなら。
「HR穂乃果ちゃんが候補に出るまでは1枚引いてやめる」
「HR穂乃果ちゃんが候補に出たら引けるまで引く(最大900円)」
「穂乃果ちゃんのユニットがわかったら取り敢えず引く」
って感じでやっていればそこまでお金をかけなくても手に入ると思います。

カード自体はアカウントに紐付いているので別アカウントとトレードとかはできません。
その関係上、でてくるカードもゲーム内で使うことはないトレーディングカードです。

初回は必ずHRが出現するので必ず900円崩してから並びましょう!(私はそれでHR流しましたつらい)

キャラ

キャラを使用するにはガチャでR以上のカードを取得する必要があります
スキルカードではプレイに使用できないので注意。

現在はR,HRの2種類が存在していて、後述のスキルに装備制限があります。

スキル

スキルには3種類あり、
赤色カードの「アシスト」
青色カードの「カメラ」
緑色カードの「ステージ」
が存在します。
それぞれにスキル効果があり、装備することでスコアが上昇します。

キャラクターのレア度によって装備できるスキルが異なり、
Rは「カメラ」「ステージ」の2種類
HRは「アシスト」を含めた3種類
を装備できます。

そもそもプレイするだけならRキャラで十分ですが、「ランカーになりたい」とか「上位難易度を開放できないので、できるだけスコアを稼げる編成をしたい」といったときはHRキャラが必須になります。
うまくガチャを回して獲得しておきましょう。

スキルカードはガチャの他、1プレイでランダムに1枚獲得できます。

プロフィールカード

センター筐体で作成できます。
プレイ時に自分又は他人のプロフィールカードを読み込むことで、そのキャラクターのスキルの効果を受ける事ができるみたいです。

/1815/images/2020-09-03-01-53-30.png

2枚まで読み込むことができ、そのメンバーのスキルが乗ります。
一度読み込んだプロフィールカードは別のカードを読み込むまで保存され、毎プレイ読み込む必要はないです。

マルチプレイ

マルチプレイをすると、1人プレイでは埋まらない、キャラの左右3枠づつが埋まります。
3人×3人分のプロフィールカードで9枠になります。

一緒にプレイしている人のスキルも加算されるようなので、ハイスコア狙いならマルチプレイは必須じゃないかなと。
他にも3曲プレイできるようになるなどメリットも多いです。

デメリットとして、リーダーになった人の筐体でしか選曲ができないという致命的な点があります。
なぜこんな仕様にしてしまったんだ…

この仕様のせいで、参加メンバーが解禁していてもリーダーが解禁していなければその楽曲は選曲できません
もしリーダーが選んだ曲を参加メンバーが解禁できていなければハイスコアは保存されません

もしマルチをするならば事前にプレイする楽曲を決め、誰がリーダーとして入るかを決めてからプレイするといいでしょう。

アーケード連動

スマホ版スクフェスと連動できます。 ただ現状あまりメリットはないです。
アーケード版だと称号が獲得できたり、フリーチケットが貰えたりします。

/1815/images/2020-09-03-01-58-36.png

/1815/images/2020-09-03-01-58-54.png

お互いにお互いの情報を表示できたりもします。
ゆくゆくはアーケードの譜面がスマホに移植されたりもするみたいですよ。

その他思うこと

ここからは好き放題書きます。

ボタンとか絶対脆いでしょコレ! それに何あの左右振り譜面!! 壊してくださいって言ってるようなモンだよこれじゃ!!強打する人があれやったらアウトだよ!!!!

それにメニューも操作性皆無でしょ!!! せっかくならタッチパネルにすりゃいいのに!!

後リザルト画面の表示が短い! 短すぎるよ!
画像フォルダーこんな画像ばっかりだよ!

/1815/images/2020-09-03-02-00-22.png

とまあ悪いところを上げれば結構あるんですが、総合的に見ればかなり良ゲーです。
最近ロケテがあったノス○ルジアとかよりよっぽどいい感じです。

ラブライバーにウケるのは間違いないんですが、音ゲーマーも結構ハマる人多いんじゃないかな~と。私もかれこれ6クレぐらい遊んでて、穂乃果ちゃんと花陽ちゃん欲しさにガチャも6クレぐらい回しました。
プロフィールカードもトレードが楽しいし、何より音ゲーとしては、かなり良くできているので好きです。
ラブライブっていうコンテンツ自体に曲もまだまだあるし、今後にかなり期待できます。

何も知らなかったラブライブを知れたきっかけになったので私的にも良かったです。
まずはアニメ見なきゃ。

まだプレイできてないラブライバーの方はぜひゲーセンへ!
音ゲーマーの方も是非一度はプレイしてみてくださいね!