STINGER5でヘッダー用ウイジェットをヘッダーとフッターで別々に配置したい

この記事の所要時間: 51

タイトルの通りです。昔ブログをやってた頃はSTINGER3だったんですがいつの間にか5まで進化していました。とても便利です。

こちらで配布されているWordpress用のテーマのお話です。
今回の記事はSTINGER7ver20160128βを対象としたカスタマイズです。 バージョンが違うと手順も変わってくるかもなのでその場合は適時応用をきかせてやってみてください。

今回改造したいのはここ

c3b3cc7bb7f2c65549384a990041912c_013116_021652_AM

デレステのプロデューサー情報を出力するサイトで生成した画像を、ウィジェットのヘッダー用に入れたところ連動してフッターにも表示されてしまうのをなんとかしたい・・・ってな感じでテーマを弄っていきます。

しっかりバックアップを取ってから実践してくださいね。

ファイルをコピーする

簡単に構造を説明すると(私もあまり理解していないですが) テーマファイル内の “st-header-widget.php”というファイルをページ内の必要な場所で呼び出しているみたいです。なので適当に

ca94eb64bde4b1480176429fe243ae5a_013116_022517_AM

みたいな感じで “st-header-widget.php”を複製して “st-footer-widget.php”にリネームしておきます。
多分Wordpress内からは直接ファイル操作は出来ないはずなので各設置サーバーの機能やFTP等を使用してコピーします。

ちゃんとリネームができていればWordpressの管理画面から「外観->テーマ編集」に”st-footer-widget.php”が出現すると思います。出てこない場合はどこかで間違えているのでリトライしてください。それでもダメならコメントしてもらえれば助けられるかもしれません。

functions.phpを弄る

次に”テーマのための関数 (functions.php)”を弄ります。

こんな感じの記述があるので丸々コピーします(ここからコピーしちゃってもいいです)。
コピー後 ‘id’ =. ‘sidebar-‘の数字が一番大きい場所の後ろに貼り付けてください。

カスタマイズを指定なければこれの後になると思います。

貼り付けた後は次のように変更してください。

注意ですが自分でウィジェットエリアを増やしている場合はidが被らないように変更してください。被ると確実にエラーを吐きます。

変更後、全体的にはこんな感じになります。

 

 

これで”functions.php”の変更は終了です。

st-footer-widget.phpを弄る

次は”st-footer-widget.php”を弄っていきます。  “st-header-widget.php”ではないので注意。

 

デフォルトの状態だとこんな感じになってると思います。

7行目の“dynamic_sidebar( 6 ) “の数字を先ほど”functions.php”で追加したウィジェットの数字に変更します。
この解説通りに追加していれば“dynamic_sidebar( 10 ) “に変更すればokです。

最終的にはこんな感じ。

 

 

これでテーマ編集は終了です。お疲れ様でした。

ウィジェットを追加してみる

ウィジェット追加ページを見ると1つ項目が増えていると思います。増えていなければ何かがおかしいです。

f60e65da559f6e5ef5b8000a1308d30a

増えているところに違うものを入れてみてください。ちゃんと成功していればこんな感じで違うものが表示されると思います。

7cf49806ed82c68c6406e14692cfa7e0

成功しない場合はバックアップから書き戻してもう一度最初からやってみてください。

おまけ

3a80e328f74bd2ed3b5b442d390190cb

個々のテキストおかしくね? 変更したいんだけど って方向けの説明です。

“functions.php”内の

の ‘description’のテキストを変更すると変わるのでお好みでどうぞ。