no-image

Rainmeterのテーマ”Enigma”でICAL形式のカレンダーを表示する

この記事の所要時間: 313

25日ぶりぐらいですかね。お久しぶりです。

常時いろいろな情報が見れると良いなと思って数年ぶりにRainmererを導入しました。
最終的にはシンプルにこんな感じですが使いやすいです。

aeb6a2ed02db5690b1423aed40729e62.png

引っかかったのはEnigmaのGCalというカレンダー表示用パーツ。
googleCalendarがいつの間にかxml形式のシークレットurlを廃止していたので、未対応のGCalには適用できないんですよね。

海外フォーラムで解決策が出ていました。

簡単に解説するとluaを書き換えて配置するだけなんですが、変更箇所がそこそこややこしいのでgistに編集済のファイルを置いておきました。

Download ZIPでダウンロードして解答してください。ブロックを解除することを忘れずに。

特別設定を変えていなければC:\Users\<<ユーザー名>>\Documents\Rainmeter\Skins\Enigma\@Resources\Measures
Reader.luaがあると思うので置き換えます。
一応バックアップしておくと失敗した時に悲しまなくて済むかと。

Options.ini からiCalのURLを追加して正しく表示されれば成功です。 お疲れ様でした。

 おまけ カレンダーを複数表示させる

rssリーダーは個別に表示できるウィジェットが搭載されているんですがGCalにはないんですよね。
ということで少しカスタマイズして追加してみました。

少しややこしいですが、使い方.txtを見て配置後表示してみてください。

ページめくりが出来なく、しっかりと表示したいカレンダーが表示されれば成功です。

おまけ サイドバーの位置以外をデスクトップとみなす

全画面にすると隠れてしまい不便です。
ということでサイドバーの位置などはデスクトップ扱いにならないようにします。

こちらのアプリケーションをダウンロード 解凍後、起動して良い具合になるよう座標を設定してください。
デフォルトだとサイドバーの幅は200pxです。

スタートアップに設定すれば楽ちんです。